2015年4月27日

サロン選びにはアクセスも考えて!仕事や学校などのついでに通えるのがベスト!

脱毛サロンに行こうと決めると、まず自分が通うサロンを探さなくてはいけません。

その際、インターネットなどで検索して脱毛サロンを探すと思うんですが、あまりにたくさんのサロンがあってびっくりすると思います。

今は個人経営の小さな脱毛サロンから、大手の有名脱毛サロンまでたくさんのサロンが溢れているんです。

その中から自分にとってベストなサロンを選ぶには、やはりインターネットで情報を調べつつ決めるのがいいと思います。

初心者の方は、失敗しないように大手のサロンを選ぶといいと思います。

大手のサロンというのはテレビCMを放送していたり、インターネット上や雑誌に広告がある脱毛サロンのことです。

大手のサロンは歴史があるところも多いので信用も出来ますし、ネット上に口コミがたくさんあるのでそれらをある程度参考に出来ます。

そして、みなさんが一番重視するのはやはり料金面だと思います。

誰でも、なるべくなら安く済ませたいと思いますし、予算内に抑えなくてはいけませんよね。

初心者の方で、脱毛サロンの施術がどんなものか確かめたい場合は初心者限定のキャンペーンを利用することをオススメします。

大体1つか2つのパーツのみになりますが、大変お得な価格で施術を受けることが出来ます。

そして、料金も大事ですがアクセスのしやすさというのも重視した方がいいポイントです。

例えば休日に通うならば自宅から近いサロンがいいですし、仕事帰りに通うならば職場のの近くにあるサロンだと通いやすいです。

また駅から近いサロンがあるならば、そこも通いやすいですよね。

また、車で行く場合は駐車場を完備しているか、近くにコインパーキングがないと困りますよね。

2?3ヵ月に1度のペースだから、多少通いにくくでもいいやと契約をしてしまって、実際行くとなるとめんどくさくなって行くのをやめてしまう...ということもあるんです。

そうなるととてももったいないので、ぜひアクセスのしやすい脱毛サロンを選ぶようにしましょう。

ムダ毛を減らしたいなら絶対に煙草をやめよう!

脱毛サロンで受けられる光脱毛では、メラニン色素に反応する光を脱毛部位に照射することで、熱エネルギーが毛の毛根部分にダメージを与え、脱毛するという方法です。

自分で脱毛処理をしていると、肌荒れなどや怪我などの肌トラブルを起こしてしまいがちですが、脱毛サロンだとそういったトラブルもなく綺麗に脱毛をすることが出来ます。

ムダ毛処理というと脱毛の方ばかり考えがちですが、抑毛という方法もあります。

豆乳ローションなどのアイテムを使って抑毛をする方法もありますが、日常生活の行動で気をつけることで抑毛効果を期待出来ることもあるんです。

まず、煙草をやめるということです。

煙草に含まれているニコチンには血管を収縮させる作用があり、それにより頭皮の血行が悪くなって抜け毛・薄毛の原因になると言われています。

そうなると、ムダ毛も一緒に抜けてくれるかというとそうではありません。

煙草には、女性ホルモンの分泌を減少させるという作用もあるんです。

男性ホルモン=体毛を濃くする、女性ホルモン=体毛を薄くする、というものとなっていて、女性が煙草を吸うとエストロゲンという卵巣で作られるホルモンが減少してしまうため毛が濃くなってしまうということなんです。

煙草は百害あって一利なしと言いますが、ムダ毛を増やす原因にもなっているなんて驚きですよね。

体に悪いものですので、脱毛・抑毛する機会に止めてみたり本数を減らすことをオススメします。

また、抑毛は食べ物によってもすることが出来ます。

大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た働きを持つことがわかっています。

なので、大豆製品である豆腐や豆乳、味噌、高野豆腐などといったものを摂取すると抑毛効果があるんです。

大豆製品はどれもヘルシーで体にいいものばかりなので、毎日摂取出来るのが嬉しいですよね。

逆に、控えた方がいいのは肉類です。

肉中心の食生活だと、どうしても男性ホルモンが活発になってしまうんですね。

肉をよく食べる欧米の人は女性でも産毛が濃い人が多いのは、それが原因なんです。

脱毛に不安があるなら、カウンセリングでしっかりスタッフの対応を見よう

脱毛サロンに行こうと決めた時、まず色々ある脱毛サロンの中から自分が通うサロンを選ばなくてはいけませんよね。


インターネットで脱毛サロンを検索すると、あまりにたくさんヒットするのでびっくりする方もいらっしゃるかと思います。

脱毛サロンって、今はそれだけたくさんのところがあるんです。

個人経営の小さな脱毛サロンもありますし、テレビCMや雑誌・インターネットの広告でおなじみの有名サロンもあります。

初心者の方にオススメなのはやはり大手のサロンです。

やはり有名なサロンであればあるほど経営実績もあり信頼出来ますし、インターネット上にも口コミや感想が多いので情報を探しやすいんです。

それに、初めてそのサロンに通う場合お得なキャンペーンを受けられるところが多いというのも理由の1つです。

みなさんが脱毛サロンを比較する時に、料金や支払い方法、アクセスのしやすさなど色々なことを参考にすると思います。

その中でも結構大事なのは、スタッフの対応やサロンの雰囲気だったりします。

人によって脱毛サロンに求める雰囲気って違いますよね。

ある人はラグジュアリーな空間で、日ごろのストレスを癒してくれるサロンを求めていたり、またある人はフレンドリーなスタッフさんと和気あいあいと談笑しながら楽しみたいという人もいます。

この雰囲気ばっかりは口コミだけではうまく判断出来ないと思うんです。

同じスタッフさんでも、人によっては「静かで干渉されなくていい」と感じる人もいれば「無口で愛想が悪い」と感じる人もいますからね。

脱毛サロンでは、サロンに通う前に無料カウンセリングというものを行っています。

脱毛の方法の説明からテスト照射、料金内容やアフターケアの内容、補償ついてなど色々なことを聞く機会なので、気になる疑問点などがあればこの時にどんどん質問しましょう。

また、カウンセリングの際にサロンの雰囲気やスタッフの方々の対応もちゃんと見ておきましょう。

「このサロンに通いたい!」と思えるサロンに当たるまで、色んなサロンのカウンセリングを受けてみることをオススメします。

色黒や地黒の人は脱毛効果が弱いかも×

脱毛サロンで行われている光脱毛では、メラニン色素に反応する光を脱毛部位に照射することで、熱エネルギーで毛の毛根部分にダメージを与え、脱毛をするという方法で脱毛を行います。

自己処理をしている場合は肌トラブルや怪我などの悩みがあると思いますが、光脱毛だと肌トラブルはほとんどなく、毛が根元からスルっと抜けるので毛穴の目立たない綺麗な肌になることが出来ます。

ただし、熱エネルギーを肌に照射するので自身でも気をつけなくてはいけないこともたくさんあり、守れない場合は肌トラブルを起こしてしまう原因になります。

例えば、肌を焼いてしまうとその部分は赤くなりますよね。

その肌に脱毛施術をしてしまうと、火傷のような状態になったりします。

紫外線による熱と、光脱毛の熱で肌には大きな負担がかかることになるためです。

なので、脱毛サロンに通っている間は紫外線ケアを徹底的にしなくてはいけません。

外出をする際に日焼け止めを塗るというのはもちろんのこと、なるべくなら長袖や長いパンツを履いたり、帽子・サングラスを着用するなど徹底したいところです。

では、色黒や地黒の人はどうなるかについてですが、基本的に肌が黒い人でも光脱毛は受けられます。

ただし、先述した通り光脱毛の光はメラニン色素に反応するものなんですが、肌が黒くなっているのもメラニン色素によるものです。

肌があまりに黒いと、光が毛と肌の判別をしにくくなってしまい、強い痛みを感じることがあります。

なので、過度に日焼けをしている場合は施術を断られる場合があることを覚えておいてください。

ちなみに医療クリニックで行われているレーザー脱毛の場合も光脱毛と同じ手法なので、脱毛が出来ない場合があります。

あまりに肌が黒い人の場合は脱毛クリニックの針脱毛(ニードル脱毛)をするのがオススメです。

こちらは毛穴の1本1本に針を刺して電流を流すことで毛根にダメージを与えて脱毛をしていくというものです。

光脱毛に比べて効果が高く、脱毛完了までの時間が短いことでも有名です。

Vライン脱毛が国内・海外ともに大人気!

脱毛サロンでは色々な部分を脱毛してくれます。

体を細かくパーツ毎に分け、脱毛をしてもらうのですが...。

ところで一番人気のパーツってどこだと思います?

人の目につきやすい足や腕かなとも思うかもしれませんが、実はワキなんです。

夏はノースリーブやキャミソールを着る人が多いので露出しますし、半そでを着ていたとしてもふとした瞬間に見えてしまいますからね。

それに冬は服を着こみますが、やはりボーボーの状態にしておくのは身だしなみとしてどうかと思いますし、臭いの原因になったりするのでやはり処理が欠かせません。

脱毛サロンでワキ脱毛が人気なのは、料金が安いからというものあります。

ワキは左右やったとしても範囲的には小さいのでとても安いんです。

それに脱毛サロンでは初回の方限定で格安キャンペーン価格で施術を受けることが出来るところが多いんですが、その際にワキを選ぶ人も多いんですよ。

ワキに次いで人気の部位は、意外かもしれませんがVラインなんです。

Vラインとは、正面から見たアンダーヘアのことですね。

欧米などではVラインの処理はほとんどの女性がしていることでも有名ですが、日本も処理するようになってきたんですね。

Vラインは人によっては処理をしなくていいほど薄い人もいるんですが、毛が濃く太い人はどうしても毛の量も多い傾向にあるので、やはりそういう人は処理をした方が綺麗に見えます。

もちろん人に見せる場所ではないので自己満足なのではと思われがちですが、Vラインを整えていないと水着を着た時にヘアがはみ出したりしてしまうこともあるんです。

それに、可愛い下着を買ってもVラインの毛が多いことで可愛く着こなせないということもあります。

Vラインを整えるということは、ファッションとも大きく関係していることなんです。

ちなみに自分でやるとなかなかうまくいきませんが、脱毛サロンでVラインを脱毛するとヘアのデザインまで決めることが出来るんです。

最近では「ワキ+Vライン」という脱毛プランもあるので、初めての方はこちらを受けてみてもいいかもしれませんね。